補助対象住宅について

地域型住宅グリーン化事業とは、国土交通省の採択を受けたグループ(原木供給・製材・建材・設計・施工などの業者)が建てる省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を対象に補助金が交付される制度です。
この為、一定以上の性能を有した住宅である事が求められます。

ここで対象となる住宅と補助額上限は、以下の通りです。

対象となる住宅のタイプ 補助額上限
1
長期優良住宅
110万円
2
高度省エネ型(認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅)
110万円
3
ゼロ・エネルギー住宅
140万円
4
省エネ改修型
50万円
5
木造建築物型(非住宅)(建築面積1m2当たり1万円)
1,000万円

更に、長期優良住宅、高度省エネ型(認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅)、ゼロ・エネルギー住宅には、地域材加算または三世代加算を併用できる場合があり、それぞれの上限は20万円と30万円です。

ただし、実際に受け取る事の出来る補助額は対応するグループや施工事業者によって変動するので、各事業者に事前にご確認下さい。

長期優良住宅

ゼロ・エネルギー住宅

ゼロ・エネルギー住宅とは

ゼロ・エネルギー住宅とは、高性能断熱や高効率な設備などによって「住宅の消費エネルギー」を「減らす」ことと、太陽光発電などで必要なエネルギーを「創る」ことで住宅で使う消費エネルギーの量を「0:ゼロ」にした住宅です。