日田グリーン化事業「天領木の会」

  • 基本情報

    グループの名称
    日田グリーン化事業「天領木の会」
    地域型住宅の名称
    日田杉活用住宅「天領木の家」
    結成年
    2012年
    グループ連絡先
    株式会社日田十条/小野 健太郎
    事務局住所
    〒877-0061
    大分県日田市大字石井777番地
    電話番号
    0973-22-3791
    担当e-mail
    setoseizai5@gmail.com
    グループ代表者
    株式会社天領木
    荒川 政勝
    グループHP
    https://t-kirin.ne.jp/
  • グループの特徴

    結成は2012年の最初から「地域型住宅ブランド化事業」で発足し、日本の三大美林と言われた日田杉を天領木として再ブランド化して、主要構造材の80%以上を地域材の使用と、全棟を長期優良住宅やゼロエネルギー住宅の高性能住宅を目指し、実績も構成員も年々着々と増やしているグループです。
  • 平成30年度の取組み

    グループ番号
    762
    平成30年度の取組み
    力を入れた取組み
    平成30年度から経験工務店と未経験工務店とで配分額が異なってきた為、特に未経験工務店へのサポートを強化し、グループ内で11戸の補助金申請が出来、その内の5戸が未経験工務店の申請だった。また事業説明会や消費者説明会や工務店研修会を頻繁に行った。
  • 令和元年度の取組み

    事業実施説明会
    消費者説明会等の実施
    工務店研修会
    未経験工務店サポート
    住宅履歴情報の対応
    情報サービス機関
    工務店の廃業時のバックアップ体制
  • 地域型住宅の特徴

    地域型住宅の特徴
    周囲を山々に囲まれた日田は盆地特有の内陸性気候で、夏は最高気温が日本一になるなど非常に暑く、また冬は近くにスキー場があるなどとても寒く、寒暖の差が激しい地域なので外皮性能を高断熱化にし、幕府直轄の天領の地で育まれた日本三大美林のひとつ日田杉を「天領木」として再構築して主要構造材80%以上ふんだんに使用し、五感に響く『健康とエコ』をテーマとした地域型住宅の生産体制とする。
    地域材の使用割合
    主要構造材の80%以上
    特記事項
    使用する地域材として主に、大分県産材等証明、大分方式乾燥材、合法木材供給事業者認定書によるものを使用する。使用する地域材として、材のコスト・品質・強度・納期を考慮し、横架材に関して、合法木材(国内及び国外)の使用を認める。