KKN

  • 基本情報

    グループの名称
    KKN
    地域型住宅の名称
    TAKUMI未来住宅
    結成年
    2013年
    グループ連絡先
    一般社団法人KKN/田中 洋子
    事務局住所
    〒861-2234
    熊本県上益城郡益城町大字古閑107番地12
    電話番号
    096-234-7769
    担当e-mail
    kkn@kumamoto-kkn.com
    グループ代表者
    株式会社エバーフィールド
    久原 英司
    グループHP
    https://www.kumamoto-kkn.com/
  • グループの特徴

    地域に根差した工務店の団体であり、定期的な定例会や講習会を開催し、常に最新の情報を発信している。熊本の高温多湿で、夏と冬の寒暖の差が激しく、また、雨量の多い気候を考慮した住宅の提案を行っている。長期優良住宅やZEHの技術講習や補助金申請の注意点などの講習を行い、毎年、未経験工務店のサポートを行っている。平成28年熊本地震の際には、190棟563戸の木造の応急仮設の工事に携わって活動した。連携団体と共同で住宅に関する補助金の申請の情報提供や様々な工務店のサポートを行っている。グループとして建設職人の技能・経験が蓄積される建設キャリアアップシステムへの普及促進の為に活動している。大工育成にも取り組み、本年度は、2級大工技能士の育成講座も開設する。
  • 平成30年度の取組み

    グループ番号
    753
    平成30年度の取組み
    力を入れた取組み
    会員工務店全てが長期優良住宅やZEH等の住宅に対応することが出来るよう、住宅のデザインや設計施工力の向上の支援活動として講習会を開催。また、建築大工減少には歯止めがかからない状態が全国的で続いているなか、当グループでは、H29年度から大工育成に本格的に取り組み始めている。受注をとれるような営業支援サポートの構築も早急の課題と考え講習会、説明会を開催している。H30年度は、1社では対応が難しいことをグループとして対応する考え方を事業方針として活動した。
  • 令和元年度の取組み

    事業実施説明会
    消費者説明会等の実施
    工務店研修会
    未経験工務店サポート
    住宅履歴情報の対応
    情報サービス機関
    工務店の廃業時のバックアップ体制
  • 地域型住宅の特徴

    地域型住宅の特徴
    熊本県は、冬と夏で寒暑の差が激しいため、太陽の光と熱、風のエネルギーをできるだけ利用して暮らしていく設計手法を取り入れる「パッシブデザイン」をグループで推奨する。また「夏涼しく」「冬暖かい」という、ごく自然な心地よい暮らしを環境に負荷をかけるのではなく、家の建て方そのものを工夫して実現させることを推奨する。夏の日差しが高い地域性のため日差しを抑えるために軒先を700mm以上と長くしたデザインを推奨する。高齢化が進んでゆく地域であり、高齢者にも配慮した計画やデザインを推奨。
    地域材の使用割合
    主要構造材の50%以上
    特記事項
    主要構造部に合法木材(国内・国外)を使用する事