住まーとシティ岐阜

  • 基本情報

    グループの名称
    住まーとシティ岐阜
    地域型住宅の名称
    ぎふナチュラルMOKUREN
    結成年
    2011年
    グループ連絡先
    ヤマガタヤ産業株式会社/横山 楓
    事務局住所
    〒501-6019
    岐阜県羽島郡岐南町みやまち1-3
    電話番号
    058-271-3111
    担当e-mail
    kaede_yokoyama@ymg-s.co.jp
    グループ代表者
    ヤマガタヤ産業株式会社
    吉田 芳治
    グループHP
  • グループの特徴

    少子高齢化が進む中、住宅業界に求められるのは「人と環境にやさしい家」です。家族みんなが安全で安心、健康、快適に暮らせる家づくりを目指します。木の塗り壁や、木のぬくもりが感じられる無垢材など、人の健康に配慮した自然素材を積極的に取り入れる住宅を提案します。また、岐阜県という土地環境や風土に適した身近にある木材を使う事で、地元の豊かな自然を身近に感じる事ができるよう努めます。そして県産材をはじめ、古くから続く文化や伝統工芸など地域特有の優れた資産を提案することにより、「地産地消」という考え方を広く普及し心地よい家づくりを提案します。
  • 平成30年度の取組み

    グループ番号
    381
    平成30年度の取組み
    力を入れた取組み
    長寿命型・高度省エネ型住宅共、実績が3戸以下の枠に関してより多くの施工事業者に活用してもらう事に重点を置き、取り組みやすい仕様やグループルールの見直しをしました。物件によっては現場へ出向き施工状況の確認や、申請書類作成にあたる説明などを積極的に行い、未経験事業者へのバックアップやサポートに力を入れて取り組みました。また、取り組みやすい仕様に設定しつつ、県産材・地産地消材を取り入れ、地域活性化につながる住宅を提案することもできました。
  • 令和元年度の取組み

    事業実施説明会
    消費者説明会等の実施
    工務店研修会
    未経験工務店サポート
    住宅履歴情報の対応
    自社
    工務店の廃業時のバックアップ体制
  • 地域型住宅の特徴

    地域型住宅の特徴
    岐阜県は県の面積の森林率が全国的に上位であり、その面積は80%を超えています。自然豊かな環境下で、グループ構成員の建築する住宅・非住宅のほとんどが岐阜県で建てられているのが現状です。多雨多湿で寒暖差の大きい気候で育った地域材は家づくりにふさわしいとされており、中でも「東濃桧」「長良杉」など、質の高い地域材を使用し耐久性に優れた住宅が特徴です。また、今後大地震が懸念されている地域であるため、長期優良住宅を標準仕様とし耐震等級2相当を検討した住宅を、多く供給することを目指します。
    地域材の使用割合
    主要構造材の50%以上
    特記事項
    土台は、岐阜証明材・ぎふ性能表示材、もしくは合法木材を使用。梁桁は、岐阜証明材・ぎふ性能表示材、もしくは合法木材を使用。柱は、岐阜証明材・ぎふ性能表示材、もしくは合法木材を使用。